任意売却を主導する立場について

任意売却を主導する立場について

任意売却は、抵当権者の申し立て後には一切の手続きが裁判所によるものになる競売と異なり、買受人探しから売却代金の配分手続きまで一切を債務者側か抵当権者が行うことになります。 住宅の所有者が主導になって任意売却を行う場合、所有者が抵当不動産の買受人を探し売却の見込みがつけば、その代金を前提として各利害関係人に働きかけ、全員の同意が得られれば任意売却が実行されるのが一般的です。このとき、利害関係が錯綜している場合には法的手続きの調停を利用した方が任意売却がスムーズに進む場合もあります。 抵当不動産の所有者が任意売却に積極的でない場合には、抵当権者が主体となって任意売却を進めることもあります。抵当権者が主導する任意売却の場合、不可能であると判断した時は、速やかに抵当権を実行することになります。

 

任意売却で買い手がつかなかった場合

  任意売却は競売との比較をしてもいい面がたくさんあります。 ですので、任意売却を活用している方が増えています。 しかし、任意売却につきましては、やはり不動産の売却ということですので100パーセント売れるわけではありません。 売れる保証もないということになります。 任意売却の場合でありましても、一定期間内にあらわれない事があります。 そのような時には、競売を行うことになります。 そういった時は仕方がないと思って競売に移行するべきでしょう。 任意売却にチャレンジしてからの競売ですので、まだ納得できるものになると思います。

Blog

Calendar