任意売却をすれば、住宅ローンはなくなるの?

任意売却をすれば、住宅ローンはなくなるの?

 任意売却をすれば、住宅ローンはなくなるのでしょうか?そのように思う方もいますが、任意売却は必ずしもそうなるとは限りませんので注意しましょう。任意売却で売れた売却額よりも残ったローンが大きければ、当然残ったローンを返済していく必要があります。ただ債権者との交渉で減額してもらえるケースもありますし、毎月の返済額についても話し合いで無理のない額で決めてくれることもあります。いずれにしても任意売却の場合は競売にかけるよりも、高値で売却できる場合が多いですので、残ったローンも以前ほど負担にはならないでしょう。任意売却をおこなうことで、無理の無い返済ができ、生活の立て直しを図ることができたという方も少なくありません。

 

任意売却のメリットについて

 任意売却のメリットは、競売よりも条件が有利に売却を行うことができることです。 競売の場合には、一般の不動産の市場の価格の相場の半分くらいになることもあります。 物件の持ち主、購入者、債権者が話し合いを行って売却するのが任意売却になります。 その結果、任意売却であれば不動産の市場価格に近いところで売ることができ、債務が残るのをさらに縮めることができます。 任意売却のメリットは引越しの費用を捻出してもらえる場合があることです。 競売の場合は、全く資金が残りません。 しかし、任意売却であれば、債権者と交渉を行うことによって引越し等の費用を出してもらえる場合があります。 また、任意売却であれば引越しを行うタイミングなど、少しは要望を考えてくれます。

Blog

Calendar