競売の申し立てと任意売却

競売の申し立てと任意売却

 競売の申し立てが行われますと、 実はいろいろな業者が家に来るようなこともありますし、チラシなどを投函してくることがあります。 そういったものに魅力を感じてしまうこともあるかもしれません。 また、やはり少しでも早く問題を解決したいという気持ちもありまして、 そういったものに飛びついてしまうことがあるのです。 しかし、任意売却というものを前々から計画しているのでしたら、 しっかりと任意売却を目指してみると良いのではないでしょうか。 任意売却をするという確固たる意志を持って自分で業者を選ぶようにしましょう。 前記したように競売の申し立てがあると不動産業者などがたくさん来るようになる場合もあります。 そのような時には、資金提供などをにおわせてくるような業者もいます。 しかし、あまりおいしい話はありません。 そもそも、任意売却業者は自分で選んだほうが安心できるものです。 実際に自分から任意売却業者の事務所に訪問して相談を受けている方も数多くいます。

連帯保証人がいる場合の任意売却

折角、住宅ローンが組めて念願の自宅を手に入れることができたのに、会社が倒産したために、仕方なく任意売却を考える時があります。ただし、住宅ローンの契約の時に連帯保証人になってもらった人がいた場合は、事前に任意売却のことを話し合っておく必要があります。 連帯保証人というのは債務者本人と同じ債務に対する責任を負っており、任意売却に関しても無関係ではいられません。 任意売却をするには、住宅に掛かっている抵当権を外してもらう必要があるため、債権者の同意が必要ですが、債権者は連帯保証人の了承を求めてきます。それは、仮に任意売却ができたとしても、住宅ローンの残債以上の価格で売却できることは少なく、残った債務は連帯保証人が支払うことになるからです。 ちなみに、連帯保証人が支払を拒否するようなことがあると、返済事故として信用情報機関に登録されることになるので、債務者は以降何年間もキャッシングやクレジットを利用できなくなります。

Blog

Calendar