妻から反対された理想の広い不動産

妻から反対された理想の広い不動産

私は今現在、不動産探しで決めた土地に新築の一戸建てを購入し、私を含めた家族4人で暮らしています。 住宅の建築単価が高かったため、不動産費用は極力抑えてしまったのですが、当初は広い庭が私の理想でした。 そのため、不動産会社にはじめ紹介された土地は80坪ほどあり、私の心は一気に傾き始めました。 しかし、その不動産を実際に購入し、外壁をつけガーデニングしようとすると、日々の手入れがとても大変です。 私は芝一面の庭を希望していたのですが、この広さの不動産だと、妻はすぐに芝をダメにしてしまうと言うのでした。 それに最寄り駅まで遠いため、子供たちが高校生ぐらいになったことを思うと、不便だと判断し、結局諦めてしまいました。 今、狭い庭でもなかなか手入れが行き届いていないことを考えると、現在の土地でよかったとも思っています。

 

不動産売却を考えたときにすること

 不動産売却を考えたときは、まずは専門家に相談するとよいでしょう。不動産売却は簡単なことではなく、法律や税金や経費についてなどさまざまな専門的な問題が付随されています。ですから信頼できる不動産会社に相談することが一番よいでしょう。その時自分は今後どうしたいのか、売りたいのか買い換えたいのかなどについて正直に相談すると良いでしょう。不動産売却の場合はさらにその敷地や権利の確認や住宅ローンの借入がある際の、残金についてもしっかり知っておく必要があります。さらに不動産を購入した当時の書面、図面等もしっかり把握しておくことも大事です。事前にしっかり書類等を整理し、内容を把握してから不動産会社に出向くとスムーズに運ぶでしょう。

Blog

Calendar