不動産投資が手堅いと言われる理由

不動産投資が手堅いと言われる理由

 どのような投資であってもリスクはありますが、不動産投資はその中でも比較的リスクが少ない投資方法として注目が集まっています。 それでも購入した不動産の価格が下落したり、災害によって不動産に影響がある、賃貸なら稼働率が悪くなると利回りが低くなるリスクも当然あり得ます。 しかし、不動産投資の中でも収益不動産としての住宅に投資する場合には、他の投資と違った特徴があるのに気付いているでしょうか? それは、住宅というのが必ず需要がある分野への投資であるという点です。 衣食住という言葉があるように、どのような人でも住む所は欠かすことができません。 住宅への不動産投資というのは、生活していくうえで必要不可欠な部分に投資する訳ですから、手堅いと言われるのもわかりますよね。

不動産購入後に来る「お尋ね」とは

 不動産を取得してからしばらくすると「お買いになった資産の買入価額などについてのお尋ね」という質問書が送られてくることがあります。不動産の購入には大きなお金の移動を伴います。そのため、不動産の購入者にこの質問書を送り、購入資金をどこから用意したのかを確認しているのです。例えば、不動産を購入するのに贈与を受けたけども申告をしていないのではないかといったことや、過去に申告した所得が少なく所得を隠していたのではないかといったことが調べられます。もちろん、その不動産の購入資金の出所がはっきりしているのであれば特に問題はありません。資金を借りた場合にはきっちり返済していることを、贈与してもらった場合には申告していることをしっかり説明できれば問題ないので、あまり意識し過ぎないようにしましょう。

Blog

Calendar