経済的に不動産を購入するには

経済的に不動産を購入するには

不動産は一生に一度のお買い物になることが多く、取引に関して初めての経験と言う人がほとんどになります。そのため、知識が乏しい方が多く、独力で不動産の取引を完結することは難しいでしょう。 そこで手を借りたいのが不動産会社です。不動産会社は文字通り不動産取引のプロです。様々な法制度などを熟知し、私たちの不動産取引を助けてくれます。不動産取引を行いたいと考えた場合、まず最初に不動産会社に相談にいき、自分が何を行いたいかということを相談するとよいでしょう。 そのさいに、訪問する不動産会社は自分の価値観にあった会社にするべきです。あくまで主体は本人なので、自分がしようとしていることを理解してくれてサポートしてくれる不動産会社を利用するとよいでしょう。

 

不動産を貸す場合のメリット・デメリット

 不動産を手放したいとき貸す方が良いのか、売るほうが良いのか悩むことがあります。そこでまず不動産を貸す場合のメリットについて考えてみましょう。やはり手元に不動産を残しながら、安定した家賃収入が入るところは大きなメリットと言えます。また不動産を所有していれば、なにか貸付を受ける際の担保になるので借りやすいというメリットもあります。また環境の変化で地価が上がることも考えられます。では不動産を貸す場合のデメリットはどうでしょう。やはりリフォーム費用や管理維持費などの費用の負担が出てしまいます。また家賃収入がある場合は、確定申告をおこなわなければなりません。また借主がいつもいれば良いですが空室が続くと収入面で不安になる点も挙げられます。

Blog

Calendar